結婚式のお呼ばれに|着物レンタルでおしとやかな女性に変貌|花魁体験もできる

着物レンタルでおしとやかな女性に変貌|花魁体験もできる

着物

結婚式のお呼ばれに

ウーマン

結婚式のお呼ばれに

最近では着物を着る機会が減ってきています。振袖は未婚の間しか着られませんので、さらに着る機会が少ないです。着物は維持や管理が難しいです。そんな時はレンタルはいかがですか。結婚式のお呼ばれの時に振袖を着て行くと、会場が華やかになり、とても喜ばれます。ぜひ、振袖をレンタルして挑戦してみましょう。最近はネットでも振袖をレンタルすることが出来ます。ポイントは何が含まれているかです。店舗によっては肌襦袢や足袋は準備が必要な場合もあります。しっかり確認します。ネットでレンタルする場合は実店舗を持っているところなら、良心的なところが多いです。着物と帯や小物の組み合わせは、洋服とは異なりますので、経験豊富なコーディネーターのいる所を選びます。口コミをチェックします。

注意すること

振袖をネットでレンタルしても、着付けは別途美容院などの手配が必要です。着付けの際は前開きの洋服を着て行きます。肌襦袢は自分で着て、下着姿で着付けの人の前に立たないのがマナーです。振袖を着て、大荷物ではおかしいので、脱いだ服を預けられるか事前に確認しておきます。振袖を着た時には、腕が見えてしまうとだらしない印象を与えます。手を上げる時は反対の手で袖口を押さえるようにするとスマートです。振袖はとても目立ちます。姿勢良くし、大げさな動作は控えます。最近は髪型も自由になってきました。髪を降ろしているより、アップにした方が襟やうなじがきれいに見えます。髪の色は黒にし、メイクも着物に合わせたほうが統一感が出ます。アクセサリーはつけません。

種類が色々あるレンタル

京都で着物レンタルする場合、2種類のレンタル店舗がある為、事前にどんな形でレンタルしているのかを確認して申し込んでください。1つは観光客向けに、メイクや写真撮影、短時間市内を散策といったサービスを提供する時間貸しのレンタル方法です。観光客向けでサービス内容もセットとなっている為、初めて着物を着る外国人観光客でも着付けてもらえるサービスが魅力的です。対して冠婚葬祭やお茶会などの席にきていく訪問着や留袖をレンタルできる着物レンタル業者も、京都には少なくありません。日本全国から借りることが可能となっているところも少なくなく、インターネットのサイトを利用してレンタルする人も増えてきているため、利用者が年々増加しています。

借りる前に色々チェック

京都周辺の着物レンタル業者を利用する場合、事前にレンタル内容を確認することでスムーズな返却につながります。クリーニングしてから返すのか、クリーニング不要なのかの確認や、平均的な賃借期間などを確認してから申し込んでください。特にクリーニングはしてから返却することが、かつて一般的でしたが、最近では不要なところも少なくなくなりました。そのため、返却するときにクリーニング必須かは必ず確認してから返却することで、効率よくレンタル店舗に返すことができます。京都周辺の着物レンタル業者の中には、レンタル期間をある程度長く取っているところと、短期間でのレンタルにしているところとあるため、確認して借りることが大切です。信頼できる業者ならばレンタルのときにしっかり利用者に期間を確認していることが多く、安心できるといわれています。